メディアの忖度が怖い話

最近の刑事ドラマは、殺人シーンの描写がない。

これは視聴者からの苦情が多くなった現状もありますが、スポンサーとの絡みの問題もあるようです。
その刑事ドラマが、お酒メーカーがスポンサーの場合は酒に酔った上での犯行はタブー、また、自動車メーカーがスポンサーの場合はひき逃げはタブー。
薬品会社の場合、毒殺や、睡眠薬の過剰摂取死などという設定はタブーとされている。

2019年4月16日の19時から放送された『国民1万人がガチで投票!冷凍食品総選挙(テレビ朝日系)』が話題になっている。

過去に放送されたアイスクリーム総選挙に続く企画で、今回は冷凍食品のランキングを決めるというもの。
MCは爆笑問題の2人で、スペシャルプレゼンターは前回のToshiとは異なり今ノリにのっている武田真治さん。
やや緊張しながらテレビ朝日アナウンサーの弘中綾香さんと進行を務めた。

今回の冷凍食品総選挙に参加した企業は次の通り。
イートアンド、キンレイ、ケイエス冷凍食品、テーブルマーク、ニチレイ、日本水産(ニッスイ)、日本製粉、マルハニチロ、良品計画(無印良品)
3時間の番組で上位は定番とも言える冷凍餃子、チャーハン、えびピラフ、お好み焼が入っていた。

1位はニチレイの『本格炒め炒飯』という商品。
発表される前から視聴者は分かっていたようで、「これしかない」「納得」「知ってた」とコメント。
しかし今回の『冷凍食品総選挙2019』は大手メーカーの味の素が不在なのだ。
王者の味の素が何故不在なのか?

そして番組は終わってCMになるとニチレイの『本格炒め炒飯』のCMが流れだし、「スポンサーだったのかよ」、「スポンサーじゃねーか!」、「結局スポンサーに忖度」、「だから1位」、「闇を見た」、「酷い総選挙だ」という意見が投稿された。

王者の味の素が不在、ニチレイがスポンサーで、1位だった。
番組タイトルのように本当に「国民1万人がガチで投票!」したのか疑問になってしまう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!