もし私が気づいていなければ、あの子供は・・・

子供を盗もうとした泥ママ(?)と遭遇してしまった。

前にスーパーで働いてたんだけど、よく子連れが来るんだよね。
新興団地が周りに多かった土地だったし、小学校や幼稚園なんかもあったからそれはもう子連れが多い事多い事。

ある時一組の親子が来店して、しばらくしたら子供だけお菓子売り場行ってくる!と走っていった。

母親も「一個までだからねー」とか言っててどこのスーパーでもよく見る光景だった。

しばらくして子供が母親を見失ったのか「おかーさーん!」という声が聞こえた。

その直後店内に用事があったからウロウロしてたんだけど、さっき見た子供が全然違う女性に手を引かれてるの。
子供は泣いたり叫んだりもせずにただ引っ張られてた。

あれ?さっき見たお母さんじゃないよな?と思ったけど親戚だったりしたら苦情になりかねんので何も言えずにいた。

で、そのうち私も持ち場に戻って仕事してたら、自分とこの部門に来た(パン屋だった)ので、子供に試食を差し出しながら「お母さんと買い物?学校は夏休みかな?」と言ってみた。(背格好からして幼稚園の年長さん~小学校1年生くらいだったが小学生が幼稚園児に間違われるとショックだろうからいつもこうやって聞いてる)

子供が女性の手を振り払って私の後ろに隠れた。

何だ!?と思ってたらその女性が「私の子よ!」みたいな事を言って、子供を連れて行こうとする。

そのうち子供が泣き出して、その声に気づいた母親が慌ててカート押して走ってきたので「こちらの方はお知り合いですか!?」と聞いたら「違います!!」と・・・。

こっちも慌てて店長を呼ぶ事になった。

どうも、その見知らぬ女性は一人でウロウロしてる子供を捕まえて「自分はお母さんの知り合いで、静かにして言う事を聞かないとお母さんが酷い目に遭う」みたいな事を言ってたらしい。(子供が泣きながら教えてくれた)

そしてビクビクしてた所に私が現れ「お母さん?」と聞いた事で怖くなって逃げた、ということ。
普段からよく見かける私の顔を見て安心した、とも言っていた。

休みの日でもお構いなしに出勤させられていたブラック企業だったのが、こんな所で生きてくるとは・・・。

子供がパニック状態でずーっと私の足に抱きついてるもんだから、一部始終聞いてしまったよ・・・。

「その子は私の子なんです!生き別れた私の子なんですううう!!」と、女性が叫んでいたのが非常に怖かった。

母親からは大変感謝され、店長には褒められたけど、上司からは余計な事してないで働けと怒られた。(この辺がブラック企業w)

その態度にむかついたのでとっととそのパン屋は辞めたけど、あの子は元気にしてるだろうか・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!