その女性は人格を壊されていった

あるところに、少し気の弱い女の子がおりました。

女の子は親の言うように、大学に行き、すくすくと成長しました。
成人し、就職をして、親の言うように、子供を産み、幸せに見える家庭を築きました。

ところが、女性となった元女の子は鬱病を患いました。
鬱病というのは、コップに一滴一滴、溜めた水(感情)が溢れた状態です。

女性は、泣き崩れ、来る日来る日も泣いていました。
子供は心配しましたが、何もできません。
夫は、何もしてくれません。

女性は、精神科に通い始めました。
精神科の先生は言いました。
「あなたは昔から良い子であろうと努力した、もう両親のために頑張らなくていいのだよ」

女性は、二年間カウンセリングを受けた後、明るくなりました。

家族を連れて旅行に行き、パートをし、また数年がたった頃。
女性は、介護の資格を取り、真面目な働きも評価され、一つの介護の事業所を任されることになりました。

老体となった両親は、素直に喜びます。
しかし、一人で生きていく力を手に入れた女性は、不仲だった夫と別れ自由に生きることにします。

子供も後押ししてくれました。
女性は語ります。

「私は両親のお飾りじゃない」
「私はおとぎ話の鉢かつぎのように、鉢をかついでいる状態だった」

女性は、気の合う男性と生きていく…。

以上、五年くらい前に母の書いた本の内容。
これを読んだ、祖父と祖母は二人とも病を煩うようになり、祖父は去年ガンで亡くなりました。
祖父も祖母も、子供の私に直接言うことはありませんでしたが、かなり頭にきていたと思います。

後押しした子供というのは、妹の方。
私たちは、姉妹です。

家を母が出て行った後、母を避難するメールを送ったところ、私の存在は抹消されたようです。
父とは確かに不仲で、父はかなり空気の読めないタイプの人間でしたし、オタクでしたが。

母が、家を空けがちになり(自己申告では趣味の山登り)、介護の仕事をし初めて家のことを疎かにしても、何も言いませんでした。

母は、自分を悲劇のヒロインにしてしまったのでしょう。
鉢かづきの物語を、千回くらい読み直して欲しいです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!