彼の左手首は寸断されていた

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺がアメリカで知り合った中国人の話なんだが、チョウさんってのがいた。

俺が19歳の時に2ヶ月間の語学留学でLAに行ってて現地の大学のESLに通うようになったところ、日本人は俺ともう一人だけで他はほとんど中国人。
レベルが下から3のクラスだったから、正直英語ほぼ無理状態だった。

でも、俺はどうにか英語を頑張ろうと他国の人間と積極的に話しを試みたところチョウさんというおじさんと仲良くなったんだ。

チョウさんはいつもニコニコしてるおじさんで、あまり英語が得意じゃないらしく俺や周りがメキメキと力をつける中、ただただニコニコ笑いながら聞いてた。

でも、ランチの時や放課後は積極的に話しかけてきてくれて車を持ってないでメトロバスを利用してた俺を、夕方は危険だからと片言の英語でいつも乗せてくれた。
ランチなどはほぼチョウさんがおごってくれた。

それから俺が滞在してた2ヶ月の間、めちゃめちゃ良くしてくれた。
朝は流石に迎えに来る事はないけど、夕方の送りや、ランチへの招待、そしてたまに休日にアウトレットモールに車で連れて行ってくれ靴とか買ってくれた。
断ったんだが、ニコニコしながら、「お前学生、俺社長だから金ある」などと英語で言いながら買ってくれた。

2ヶ月が経ち、俺は日本に帰ることになった。
チョウさんはESLで英語を学びながら仕事をこっちで展開してるとの事でもし、中国に来た時は連絡しなさいとメールアドレスと中国での会社の名刺と自宅の電話番号を教えてくれた。
俺も日本に来たら連絡頂戴と教えた。

それから約1年半後。
中国に戻ったというチョウさんからのメールを受け取った俺は、じゃぁ、遊びに行くよ、と返信した。
俺は夏に中国へと向かった。

そして、空港について直ぐにチョウさんの携帯に電話をした。
すると英語が堪能な中国人の声が帰ってきた。

「チョウさん、英語凄く上手くなったね」と言うと今度は日本語で「そんなことないよ、日本語の方が得意なんですから・・・」と返ってきて「日本語話せるの!?」と驚いた。
どうやら本当は日本語話せたが、俺が一生懸命英語で話してたので英語で対応してたらしい。

それからチョウさんが迎えに来てくれて、チョウさん所有のホテルへと向かった。
それはユースホテルぐらいを想像してたけど、かなりの大きさだった。

そして約1週間。
チョウさんは本当に良くしてくれた。
マカオセンターなどにも連れて行ってくれたし、昼はブラブラしててチョウさんの仕事終わりにご飯に連れて行ってもらってホテルは無料で使わせてくれた。

ただ、4日目に少し反日感情がある青年3人にイチャモンを付けられた。
昼間ブラブラしてると、いきなりツバをふきかけてきた。
汚いなぁ、と思いつつも無視しようとすると肩を掴んできて中国語でベラベラと何か言われたがさっぱり分からずにいると無理やり手を絞り上げられて財布からお金を取られた。
そして、何を言う間もなく殴られて、何故か英語で「ジャップ」と罵って逃げていった。

その日の夕方、それを聞いたチョウさんは、色々な人に連絡を取った。
俺は警察に行こうかと思っただけで恐怖で行けず、直ぐにホテルに戻ってた。

チョウさんは少し怒りながら「大丈夫、すぐにお金戻ってくるよ。それまで、これで我慢してね」とお金を渡してきた。
断ると「お小遣い」と言い、断るのは失礼だぞとお金を握らせてきた。
俺はありがたく受け取り、帰りの日まではチョウさんの知り合いの女性と一緒に昼は過ごすようになった。

そして帰る日の昼頃、洒落にならない事が起きた。
犯人のうちの1人?と言う顔面が潰れたかのようにグチャグチャな男が泣きながらお金を返しに来た。

チョウさんの友人だと言う人に連れられて謝ってきた。
俺は何が起こってるのか分からないので「いいよ許すよ・・・」とだけしか言えなかったのだが、チョウさんは怒った声で何かを青年に言うとその青年は泣き叫んだ。
そして無理やり立たされて連れていかれた。

後ろ手に縛られた彼の左手首は寸断されていた。
俺は最後の最後により大きな恐怖を味わってしまった。
チョウさんはニコニコしながら残りの二人はもう居ないよ、彼ら罪人、悪い事したから、警察に行くよりもこっちのほうが対処が早いからと言う。

初めてそういう人だったんだと気付いて帰国した。
それからも連絡は取ってるし、良い人なのは分かってるけど恐怖は常にある。
中国人は身内に優しく他人にキツイって意味が少し分かった出来事だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!