高校の実習での事故

ある工業高校での話。
コンタクトレンズを付けていた男子生徒が実習中にバーナーで鉄を焼いていた。

その実習ではバーナーの熱が1000℃以上に達する。
その為、防護マスクをつけることが義務付けられていた。
しかし、その生徒はバーナーで鉄を焼いている内に熱くなってきたのかマスクを外してしまった。

その時には凄く熱い位にしか思わなかった。
だが、家に帰りコンタクトを外したら急に周りが真っ暗になってしまった。

そう、1000℃以上のバーナーを直視してしまったために角膜とコンタクトが融合してしまい、外した時に一緒に角膜も外れてしまったのだ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!