包丁の背だと思っていた

これは私の身におきた恐ろしい出来事です。
私は夜中に空腹のため目がさめた。

しばらく布団のなかで何か食べようかそれとも空腹を堪えて寝てしまおうか考えていた。
が、ふと近所からおすそ分けしてもらった餅が冷蔵庫にしまってあることを思い出し起きて台所へ行った。
電気をつけようとしたが、もともと切れかけていた蛍光灯はとうとうきれてしまったらしく電気はつかない。

しかしまあ蛍光灯の明かりはなくとも、薄暗い小さなランプのあかりでも餅を切って焼くくらいなら問題なかろうと判断。
冷蔵庫から餅を取り出した。

包丁で餅を切り分けようとしたが、いつもならすうっと切れるはずの餅が、その日に限って切れない。
冷蔵庫にしまって置いたから冷えて固くなりすぎてしまったのかな、と考えた私は手にさらに力をこめて切ろうとした。

しかし餅は頑なに包丁の刃を拒んだ。
いらついた私は包丁の背に手をあててぐいぐいと押すようにしたが、餅には筋ひとつついた手ごたえがない。
1、2分格闘しただろうか、私はついに握りこぶしをつくりそれを包丁の背にどんどんと打ちつけ始めた。
しかし、それでも餅に包丁の刃がめり込むことはなかった。

ふと、背筋に寒気のようなものを感じた私は薄暗い明かりの中で手元を良く見た。

ここから先はご想像にお任せします。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!