いわくつきの刀

ある本に載っていた、日本刀にまつわる話。

ある愛刀家が一降りの刀を購入した。
立派な突兵拵がついていて、この柄が肥後拵のように茶色に染めてあり、金具も良い物で、
拵えも気に入って購入したそうだ。

ところがこの刀が家にきてから、持ち主や家人が病気になったり火事が起きたり、詐欺にあったりとロクでもないことばかりが起こる。
で、刀を研ぎに出して家から離れると、そういうことがピタリと止まる。
そして研ぎあがって帰ってくると、また家庭で不和が起こったり事故にあったりと、不幸が立て続けに起こる。

ひょっとしてこの刀に何かと思った愛刀家が、別の刀屋にその刀を持ち込んで売ってしまおうとした。
すると刀屋が、しきりに拵を捨てて白鞘にするように勧める。
こんなすばらしい拵なのにと問いただしてみたところ、刀屋は、「私の見たところ、この刀の柄は血染めですよ。しかも、ムラから見て2回は血がしみています。お刀は良い物なので、拵を変えられた方が」と言った。

突兵拵といえば戊辰戦争などで幕府方などが好んで用いた拵だし、柄が血に染まるということは、まず持ち主の血だと見てよい。
柄が染まるほどの出血なら持ち主は死んだかもしれない。
それも二回も。
と考えが至ったところで、刀を「代金は後でよい」と刀屋に押しつけるようにして店を出た。

その後、不幸はピタリと収まり平穏な生活に戻ったらしいが、今もその刀はどこかで売られているのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!