うちで猫を飼えない理由

うちで猫を飼えない理由を聞いた話。

私は猫が大好きで、小さい頃から飼いたいとせがんだが、祖父母や父は許さなかった。
家の地域では猫を飼うと、猫が絶対に良くない死に方をするので可哀想だからだそうだ。(交通事故・他の動物に殺されるなど)

他のペットは大丈夫みたいだが、猫だけがそうらしい。
祖母が幼い頃に家で猫を飼っていたのだが、(ネズミを捕る目的で飼われていたらしい)
近所の野良犬に首を噛まれ、顎が外れ血まみれた状態で帰ってきたそうだ。

祖母は3日程つきっきりで水を飲ませたりと看病したそうだが、結局死んでしまった。
他にも、近所の野良猫が我が家の庭を通っていたそうだが、我が家の井戸の縁を歩いていたときにふいによろめき、落ちて死んでしまったそうだ。

私が生まれた頃には既に蓋をされていて、中を見ることはできなかった。
他にも国道沿いのため、野良猫や犬が家の前で轢かれて死んでいることが多く、何度も片付ける内に祖母が悲しい思いをしたため、家では犬猫を飼わないルールができたそうだ。

また、呪い?の話が伝わっているらしく、祖母いわく、「昔はこの地域に瓦を焼く職人がいて、猫を飼っていた。瓦を焼いている釜は暖かいので、よく猫が近くにいた。しかし、ある日足を滑らせて釜に落ちてしまい、猫が焼け死んでしまった。それから立て続けに猫ばかり早死にや良くない死に方をしたため、祠を建てて供養したらおさまったそうだ」

しかし、良くない死に方は、祖母の体験を聞く限りおさまってくれなかったみたいだ。
実際に家の近所に猫を祭った祠があるそうだが、場所を聞いても年のせいで忘れてしまったらしく、山に祠があることしか教えてもらえなかった。
場所を知ったところで行きはしないが。

ちなみに、猫はだめだと言われどうしてもペットを飼いたかった私は、粘り強く家族と交渉したらカメは飼って良いことになった。

今年でカメは20才。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!