猫山

先輩の話。

大学の部活で、山合宿をしていた時のこと。
朝起きてテントを出た先輩は、辺りを見回してギョッとした。
テントが張られた空き地の周囲に、猫がずらりと寝そべっていたのだ。
寝る前には、猫など一匹もいなかったのだという・・・。
驚く先輩たちを尻目に、猫は思い思いの格好で寝そべっていた。

そのうち、テントの中で小さな騒ぎが起きた。
前の晩に燃料を満たしておいたマナスル(携帯用ストーブ)が、綺麗に空になっていたのだ。

思わず皆が猫を見たが、彼らは知らん顔で欠伸していたという。

『化け猫は、菜種油は舐めても、灯油は舐めないよなぁ・・・』

少なくない部員がそう考えたのではないか、そう先輩は言う。

後で地の人に聞いたところによると、その山は猫に縁が深いらしい。
その辺りの年老いた猫は、死期が来るとその山の奥に姿を消すのだと。

地元では、猫山と呼ばれていたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!