祟りの神木

神木の話だが・・・。

誰でも目に出来る、祟りの事実がある。
中央線で塩山に向かう途中、『はじかの(初鹿野)』という駅(現在は甲斐大和)がある。

有名な話なので、知っている奴も多いだろうが、その駅の南西側に古い神社があり、北側を走る線路際に1本の木がある。

何でも、枝を掃ったりいたずらをしたりすると、祟りを為すのでそうだ。

俺が行った時は教育委員会の立てた白い看板があり、以上のようなことが書いてあった。
線路に張り出した枝はトタンでおおわれ、架線に触れないようにしてあるのが妙に現実的だった。

他にも、いたずらをした中学生が近くの踏み切りで撥ねられ、遺体が神木の下まで引きずられた、という話も聞いた。

教育委員会お墨付きの『祟りの神木』も、なかなか面白いぜ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!