揚げ物にして食べることにした

語り部が多い良スレだな。
あまり面白くないかも知れないが、俺もじいちゃんの釣り仲間から聞いた話を一つ。

その人の父親が山小屋に住んでいた時のこと。
ある晩、罠かごにねずみが沢山入っていたことがあった。
冬もそろそろ始まろうかといった時期だったので、山のねずみは丸々としている。
おじさんはそれを揚げ物にして食べることにした。

調理したねずみを油に放り込んでしばらく待っていると、急に入り口の戸をドンドンドンドンと大きく叩く音がする。

こんな時間に誰が?と思いおじさんが戸を開けてみると、誰もいない。
首を傾げながら戸を閉めると、またドンドンと叩く音がする。

もう一度戸を開けても、やはり誰もいない。

おじさんは、『あぁ、狐が匂いを嗅ぎつけて来たんたな』と思い、外に向かって「分けてやるから待っとれ」と言って、でき上がっていた揚げ物を2、3個外に出して戸を閉めた。
戸は鳴らなくなった。

翌日戸を開けると、やはり揚げ物はなくなっていた。
そして、関係があるかどうかは分からないがその日は、普段釣れないような大きな岩魚が釣れたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!