火葬炉の不手際?

昔秩父の荒川上流ダム群のあたりに、イツザミという村八分にされた3戸ほどの集落があった。
その人達の間では、法律によって禁止される昭和初期まで風葬が行われていた。
遺体を風葬する洞窟には鵺というのが棲みついており、死体の肉をキレイに食べて骨だけにしている、と言い伝えがあるそうだ。
そしてその骨を洗骨し壷に入れて洞窟に納めるが風習だったらしい。

日本が高度成長期に入る頃、父が住んでいる地元で、戦時中に使われていた近くの防空壕から気味の悪い奇声が聞こえてくる、と噂が広まった。

あるとき地元の若い男達3人が、酒を飲んだ勢いでその防空壕へ肝試しに入った。
男達が戻ってくると得体の知れない大きな獣の死骸を持ち帰り、「これが化物の正体で退治してやった」と地元民に勇ましく見せびらかしていた。

だが数日後、その獣に直接トドメを刺して殺した男が突然死んだ。
そして葬儀が行われ、火葬された男の遺骨が何故かまったく残らず全て灰になってしまい、結局それで祟りだ呪いだの噂や騒ぎが大きくなり、揉めに揉めてしまった。

それを見かねた土地の有力者が、火葬炉の火の調整の不手際よって起きたのが原因で祟りではない、という事情を説明して、遺族に弔慰金を渡して騒動を収拾させた。

だがその後・・・。
土地の有力者は防空壕の傍に、あの獣の魂を鎮める小さな塚をひっそりと祀っている。
地元民はそれを『鵺塚』と呼んだが、塚がダムに沈んだ後でも公でその話をする人はいなかった。

この話を父が亡くなる直前に聞かされ、私はよくある迷信の類と思い本気にはしていなかったが、父が他界し葬儀の最中にある事に気づいた。

父方の身内や親戚の葬儀で、骨上げをした事が一度もない事を・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!