呪いのお札

皆さんは、呪われたお札と言う噂を聞いたことがあるだろうか?

私の祖母は、田舎で雑貨屋をやっていて、いろんなお客さんや問屋さんからさまざまな話を聞いているらしいのだが、その中で最近多い話がこの呪われたお札の話である。

例えば、パチンコに馬鹿勝ちした人が、両替し帰る途中に強盗に合い、よせば良いの争い、ナイフで刺され命を落としお金を奪った強盗も巡回中の御巡りさんに追われ、道路に飛び出し、車にはねられ奪ったお金を握り締めながら亡くなったとか・・・。

例えば、車を買うためコツコツお金を貯めてちょうど100万になったので明日、車を買いに行くとお金を銀行から下ろしたが、100万と言うお金を始めて纏めてもったので、以前よりやりたかった、お金を枕に寝る・・・ということをやってみた。

その100万の内ほとんどが呪われたお札だった所為なのか、次の日彼はそのお金を握り締め、物凄い形相で亡くなっているところを家族に見つけられたとか。

例えば、宝くじで数百万あたり家族で何に使おうっか話し合っているときに、それまで中の良かった家族だったはずなのに争いだし、みんなで包丁やナイフ、鋏などを持ち出しみんなが亡くなるという惨劇になった話だとか。

こういった話が全て呪われたお札が絡んでいるらしいと言うのである。
呪われていなくてもこういった話の中に出てくるお札はそれだけで人の恨みを受けているとは思うのだけど、祖母が言うには諸説はいろいろあるらしいのだが・・・。

借金を抱えた女霊能者が自殺するときに持っていたお金に呪詛の言葉を唱えたとか。
ある有名な新興宗教が最後の最後にみんなであるだけのお金に呪いをこめたとか。
とにかくお金に恨みを持っている人は多いらしい。
さらに最初の呪いを篭められたお札と一緒に上記の事件などに関わったお札にも呪いがうつり、増えていくらしいのだ。

そのお札は、1枚や2枚ではさほど大きな力は無いらしいのだか、5枚、10枚とたまるとかなりの力を持ち、それ以上たまると遅くても2,3日の内に不幸な目に会うらしい。
また、1枚以上そのお札を持っているとそのお札が他の不幸のお札を呼び増えていくらしいのだ。

さて、そのお札の特長は、最初の呪いがかかっているものは右隅に血のような赤黒い染みがついているのだが、呪いが移っていったものは、透かしの顔が微妙に変化してしているのだ。

光に透かしてみると口が少し開き、目が光ったようにあなたを睨んでいたら多分それは呪われたお札だからすぐに使った方が良い。

5枚、10枚と貯まる前に。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!