塚で立ち小便

同級生の話。

登山部で一緒に活動していた時に、こんな話を教えてくれた。
彼の地元には、経塚と呼ばれる塚がある。
高校生の頃、そこの碑に悪さをした悪友がいたという。

昔から祟りがあると言われていた曰く付きの場所だったので、返って悪戯心をそそられてしまったらしい。
碑を足蹴にし、塚に立ち小便をかけたのだと。
仲間は皆、祟りがあるぞと注意したが、悪友はまったく聞く耳を持たなかった。

程なくして、件の悪友は帰らぬ人となった。
交通事故だったらしいが「祟りじゃないのか?」という噂が流れたそうだ。
果たして祟りかどうかは不明だが、皆その塚を避けるようになったという。

目撃談が語られ出したのは、それからしばらく後のことだった。
その山付近を歩いていたパーティの中に、死んだはずの悪友がいたというのだ。
曰く、最後尾を俯いて歩いていたが、向こうの景色が透けていた。
曰く、すれ違った集団の最後に付いていたので思わず振り返ったが、もう背後には誰の姿も見えなかった。
曰く、前を歩いていたパーティに見覚えのある後ろ姿を見つけたので、思わず追いかけたが、どんなに足を速めても追いつくことが出来ずに見えなくなった。

調べたところ、過去その山では、狂い死にした者が続出したことがあったという。
なぜ狂ったかの理由は伝えられていない。
その死者たちを鎮めるために造られたのが件の塚で、経塚も元々は狂塚と書いていたのだとか。
昔は、その山の近くで死んではいけない、死にたくないと皆が言っていたそうだ。
そこで死んでしまったら、狂いミサキに連れて行かれるのだと。

今は別の登山道が使われるようになり、その塚の場所を知っている者も数少なくなっている。
「知っていても行かないけどな」
彼はそう締めくくった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!