一週間もせずに急死

知り合いの話。

職場近くの小高い山に、森に埋もれるようにして小さな神社があるのだという。
以前その前を通り掛かった際、社の入り口に見覚えのある後ろ姿が見えた。

間違いない、親戚の叔父さんだ。

何をしているのだろう?
話し掛けようと思い、車を路肩に停めて社内に足を進めた。

あれ?境内には誰も居なかった。
声を上げて読んでみても返事もない。
首を傾げて神社を後にする。

その夜叔父に電話する用があり、ついでに「あそこで何していたの?」と聞いてみた。
「何の話だ?」叔父はその日、あの社になど行ってないという。
勘違いだろうということで話は終った。

叔父はその後、一週間もせずに急死した。
脳溢血だったらしい。

それからしばらくして、やはりその社で知り合いのお母さんを見かけた。

おかしい。
あそこのお母さん、今海外旅行している筈なのに。

その三日後に、その母君の訃報を聞いた。
旅行先で事故に巻き込まれたということだ。

今、彼女はその神社の前の道は極力通らないようにしている。

「関連があるとは信じていないけど、あそこで知り合いが見えたら嫌だから」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!