同じ場所で死ぬ

数十年前の高校時代の話。

バイト先の先輩の弟さんが、死亡事故を起こした。
原付バイクを運転していたところ、ゴミ捨て場のゴミの山の中から突然お婆さんが、「うぉう!!」と叫びながら弟さんの前に飛び出して来て、弟さんキューブレーキを掛けて婆さんに当たらないように転倒。
しかし、その転倒したバイクが婆さんの方へ滑って行ってしまい婆さんと接触、その場に倒れこんだとか。

事故現場を見ていた人が複数いたらしく、警察と救急車を呼んで婆さんが突然飛び出してきた。
轢いたわけじゃないと状況を説明してくれたらしいけど、お婆さんの打ち所が悪かったらしく、接触事故後の翌日亡くなってしまったて言う話を聞いた。

その亡くなったお婆さんは痴呆が入っていて、徘徊をしたり店から物を取ってきたりするので、婆さんの家族は婆さんを疎んでいた様子。

痴呆に病気に、老い先短い婆さんがたまたま転んで死んでしまった事で、まだ未来がある若者に、逆に嫌な思いをさせてしまった、どうか息子さんを責めないで欲しいと、婆さん家族一同が泣きながら詫びに来たと言う。

裁判もせず、賠償金や和解金なども無しで相手方とは争わずに済んだらしけど、弟さんは自分のせいで人を死なせてしまったのだと・・・深い心の傷を負ってしまい、その後ひきこもりに。
時たま月命日に人目をはばかりながら事故現場にお花を供えにいっていたそうだけど、ある時、何の因果が因縁のその場所でトラックに轢かれて即死だったと。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!