顔は猫だが胴体は・・・

知り合いの話。

地元の山でキャンプをしていた時のこと。
夕食後に川面をぼんやり眺めていると、何かがヌッと水を割って現れた。

濃い茶色をした、大きな猫の頭。
子供の頭と同じほどの大きさがあったという。

目と目が合い、しばし見つめ合った後、猫はくるりと身体を回し水中に没した。
綺麗なターンを描いたその身体は、間違いなく人型だった。

「猫の顔した猿が泳いでた!」

慌てて皆の元へ逃げ帰りそう大声で騒ぐと、一番の年長者がこんなことを言う。

年長者:「この辺りには、河猫と呼ばれる化け物が昔から棲んでるんだってさ。一人で川の側にいると、引きずり込まれるって話だ」

誰か:「河童みたいに尻子玉でも取られるんですか?」

そう誰かが聞いた。

年長者:「いや、内臓だけ喰われて、骸は川下に流し遣られるんだってさ。これから川には一人で近よらないようにしとこう」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!