ずっと憑かれ続けている母

友人の話。

彼女の母親は非常に霊感の強い人らしい。
しかし確かに霊感は強いのだが、それに対する反応は鈍いというか、のんびりしたことこの上ないのだという。
その母君が彼女に語って聞かせた中にこんな話がある。

母:「昔はうちの実家も薪炊きだったからね。山で薪拾うのは子供の仕事だったんだよ。私も妹とよく裏山に登って仕事してたんだけど、そこでジキトリに憑かれたんだ」

ジキトリというのは一種の餓鬼憑きで、これに取り憑かれると急に空腹になってしまい、力が抜けて動けなくなるのだという。

母:「ふらぁっと目の前が暗くなったんで、ああこりゃ憑かれたわって直ぐわかった。普通はそこで動けなくなるっていうんだけど、何くそ!って踏ん張ったのね。そしたら段々と脱力したのが治まってきて、そのうち平気になっちゃった。あちゃぁ、それが拙かったみたい」

友人:「何が拙いの?」

母:「取り憑かれた人が仏さんのご飯食べたり、それが出来ずに飢えて死んだりすると、ジキトリは離れて山に帰るっていうんだけど・・・。私の場合、そのどちらでもないのね。だから私にはまだあのジキトリさんが憑いているのよ、どうやらこれが」

友人:「それ本当!?」

母:「うん。時々だけど、あの時と同じ空気というか、存在感を首筋に感じるもん。何ていうか、悪さはしないんだけどね。じっと見てるだけ、みたいな。だから放ってる。あれから体の調子もすこぶる良くなって、病気にもまったく罹らなくなったし。ただ、憑かれてからというもの、どれだけ食べても満腹感を感じなくてさ。私が食べる量の割に全然太らないのも、こいつの所為だと思うのね」

そう言って笑う母を見て、彼女は呆れ果ててしまったのだという。
ちなみに母君は非常にスリムで、いつお目に掛かっても元気そうだ。

友人:「母の憑き物、どうにかして譲ってもらえないかなぁ・・・。最近ね、そんなこと考えちゃうの」

ダイエットに何度も挑戦している彼女は、冗談めかして笑いながらそう言った。

目だけは笑っていない彼女の笑顔は怖かった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!