あのアパートを調べてみるとやっぱり

中学生の頃に「んん?」って思うようなことがあった。
そのことについて書いてみんなの意見を聞いてもいいかな?
ちょっとスレチかもしれんけどどこが一番いいかわかんなくて。

中学3年の夏休みに友達と肝試しって言うか、軽い気持ちで防空壕跡に行こうってなった。
10人以上で一緒に行ったから正確な人数とか誰が一緒だったかもあやふやなんだけど、主要人物はN子O君S君と怖がりだったK君の4人くらいなのでその4人を中心に書きます。

防空壕跡は実際行って見たら中は暗いし雰囲気はあったんだけど、ゴミがたくさん落ちてたり落書きがあったりであまり怖いって感じはない。

これからどうする?って話をしてた時に誰かが「一家惨殺事件のあったアパートがあるところ知ってる」って言って、みんなでそのアパートに向かったのです。

近くまで行くと割と大きい通りだしコンビニはあるし歯医者はある。
全然怖くなさそうって思いながら案内されるままついて行くと、ちょっと裏に入ったところに建物と建物の間に雑草生え放題の車1台がやっと通れそうな狭い道があった。

そこを通り奥に行くと突然開けたような感じになって、右側に人の背よりやや高いくらいのブロック塀と左側に古そうなアパート。
気のせいかもしれないけど、ぶるっとくるような冷気がありました。

アパートは2階建てで外に階段がついてるタイプだったけど、階段は崩れてるのか鉄組みだけ残ってるだけで塗装は剥げ錆だらけ。
何より目を引いたのが1階の1部屋の大きな窓にお札が張ってあったことでした。

そんなに近くまで行って見たわけじゃないのではっきりとはわかりませんが、お札には何か文字が書いてあって下の方が破れてるようでした。

誰かお札見て来いよなんて話してるとN子が行ってくるといって近づいていきました。

N子はなんの躊躇いもなくその窓の前まで行って窓を触ったり中を覗いたりしてて、突然N子が「うわぁぁぁぁぁ!」って叫んでこっちに走ってきたのです。

みんなびっくりして通ってきた細い道を抜け一気に大通りまで逃げてきました。

すっごい怖かったんだけど大通りまで出たところで怖がりだったK君がお漏らしをしてるのに気付いてみんなでK君を馬鹿にして笑ってました。

私は恐怖をごまかすような感覚で一緒になって馬鹿にしてたと思うけど、多分みんなもそうだったんだと思う。

その後とくに何もなく夏休みも終わって新学期が始まって・・・。
S君が家の2階から落ちて足の骨を折る怪我をしました。

入院とかはせず松葉杖をついて学校に来ててみんなの注目を浴びてたけど、それからほんの数日後に今度はO君が体育の授業中に人とぶつかって網膜はく離を起こして入院することに。(失明はせず視力は落ちたけどちゃんと見えるようにはなった)

その週の日曜にお見舞いに行って、その時にO君があのときのメンバー2人が続けて怪我したから呪われたんだーってなことを冗談っぽく話してました。

でも、その後今度はK君が海で遺体で見つかりました。
遺書もなく海の近くの防犯カメラに一人で海に行くK君が映ってたこともあって、事件性はなく事故ってことになりました。

私たちの間では本当に呪われたんじゃないか?お祓いしてもらった方がいいんじゃないか?なんて話も出てきました。

するとN子が「多分もう大丈夫」と言うのです。

N子の話は要約するとこんな感じ。

あのアパートは昔N子が住んでいたアパート。
一家惨殺事件なんてのはデマで破れたように見えたお札はN子が小さいころ流行っていたキョンシーのお札のシールでお菓子のおまけと言うこと。
叫んで走ったのはみんなを怖がらせてやろうとしたN子のいたずらだったとのこと。

あのアパートをみたあとその場で解散したあとお漏らしをするくらい怖がってたK君にこのことを打ち明けたら、K君が「呪ってやる俺を笑いものにしたやつもみんな呪ってやる」と言ってたとのこと。

N子が言うにはS君の怪我もO君の怪我も呪いで、K君はまた誰かを呪おうとして失敗して死んだんじゃないかって。

みんな多分怖いって思いはなくなってはいなかったけど、その話で納得しようとしてたんだと思う。

次の休みに入院してるO君にもこの話を教えてあげようってことで病院まで行ったんです。
この話を聞いてO君はおかしいと言います。

N子はO君と小学校からずっと同じだったんだけど、N子は2年生の時に転校してきたらしいのです。

老朽化したアパートを取り壊すことが決まったため引越ししたらしく、当時のN子があのアパートにいた最後の家族だって話してたらしいです。

O君がおかしいと言うのは小学2年生の頃に取り壊される予定のアパートがなんで中学3年生になっても残っているのか?と言うことでした。

結局このアパートは私が高校を卒業して地元を離れるまで残ったままでした。
その後はたまに実家に帰ってもわざわざ見に行くようなこともなかったし、両親も他の土地に引越ししたため今ではどうなってるのかはわかりません。

2人の怪我とK君の死は本当に呪いだったのかとか。
もしかしたら本当に何かしらの事件があったけど、N子がまだ小さかったから事実を伝えられてなかっただけで、あのアパートに何かあったのかとか、私の中で消化不良な感じがしてて人の意見を聞いて見たかったです。

ちなみにK君の死の後、特に誰かに何かがあるってことはありませんでした。

ちなみに本当にそんな事件があったのかちょっと調べて見たけど、小1の時に○○県○○市って形で事件があった。
詳しい住所まではわかんなかったし、その事件も一家惨殺ではなく夫が妻と子を殺して自殺未遂をした無理心中でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!