眼球のない青黒い顔のおっさん

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

山登りにハマり始めた10代後半の頃の話
家の裏山で訓練しようと思って20キロの荷物背負ってヒーコラ言いながら歩いてたんだ。
よくその山でトレーニングしてたんだけど、人とすれ違うことってほとんどなかったんだ。

でもその日はやたら人とすれ違う・・・。
すれ違うたびに「こんにちは~」ってあいさつするんだけど、誰一人としてあいさつ返してくれない。
俺コミュ障だからさ、人の顔見て話しできないのね。
でもあまりに無視され続けるからちょっと頭来て、次すれ違う人には絶対顔見てあいさつしようと決意したの。

しばらく歩いてるとおっさんが山頂付近から降りてきてさ、俺も意を決して顔をじっと見てあいさつしようとしたの。

その瞬間、マジびびった・・・。
青黒い顔のおっさん両方の眼球ないでやんの。
いやもう一生忘れられん・・・。

顔はこっちを向いてんだけど顔の中央部、二つ大きい穴がぽっかり空いてたんだ。
んでうっすら口開けてんの・・・。

俺完全にパニックになっちゃってわけわからん叫び声あげながら荷物投げ捨てて下山してさ・・・必死に家まで逃げ帰ってきたんだ。

家まで帰ってきてちょうど庭仕事をしてたじいちゃん(3年くらい前に他界)に顛末を話したんだけど、いきなりぶん殴られた。

「アホか!今日は12日だが!!」

意味分からんまま近所の寺連れてかれて、塩食わされて変なお教唱えさせられて3日ほど寺のちっちゃなお堂に監禁させられた。

後で親父に聞いたんだけど、12日は神様が木の本数を数える日だから人間は山に入っちゃいけない日らしい・・・。
人間と木を数え間違えるから人を見かけると神様が切れるんだって。
山の神様は人とか平気で殺すらしい。

そんな山も今は造成されて住宅地になってる。
人ごとながらあんなとこ住んでる人たちが心配でしかたない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!