人間を復元することに成功した

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

歴史の教科書でもお馴染みの西行は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて僧侶・歌人として活躍しました。

彼の逸話や伝説を集めた説話集に『撰集抄』がありますが、その中で鬼の法を真似て反魂法を使って「人」を作るという話がありますので、ご紹介します。

『西行於高野奥造人事』

高野山での修行生活中、人恋しくなった西行は、鬼が人骨を集め人間を造るという話を聞いたことがあったので、自分もやってみようと思った。
西行はさっそく山を下り、人骨を集めた。

彼は見事人間を復元することに成功したが、術が未熟であったためか、出来たモノは顔色も悪いし、意味不明のことを言うだけで、とても話し相手になどにはならなかった。
彼はそれを高野山の奥に捨て置くと、かつての主人であり術の師匠を訪ねた。

しかし彼は不在であったため、その術で有名な伏見中納言源師仲を訪ねた。
西行は自分の行った術を説明した。

西行:「広野に出て、人も見ぬ所にて、死人の骨をとり集めて、頭より足手の骨をたがへでつゞけ置きて、砒霜と云薬を骨に塗り、いちごとはこべとの葉を揉みあはせて後、藤もしは糸なんどにて骨をかゝげて、水にてたびたび洗ひ侍りて頭とて髪の生ゆべき所には、さいかいの葉とむくげの葉を灰に焼きてつけ侍り。」

西行:「土のうへに畳をしきて、かの骨を伏せて、おもく風もすかぬやうにしたゝめて、二七日置いて後、その所に行きて、沈と香とを焚きて、反魂の秘術を行ひ侍り」

中納言は首を振り、その術の不完全さを指摘した。

中納言:「間違いは香を焚いたことだ、香は邪気を退け、仏の来迎を仰ぐものであるから、香ではなく乳を焚き、また術の前には七日間の断食が不可欠である。そうすればうまくいく。私は何体もの人間を造った。その中には大臣になっている者もいるが名は明かせない」

秘術のツボを教わった西行だが、二度と人間を造ろうとは思わず、それからは仏道を極めることに精進したそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!