上杉謙信の都市伝説

歴史小説家『八切止夫』はスペインの修道院で、15世紀から16世紀の船乗りや宣教師による『日本についての報告書』なる物をを手に入れた。

その中にゴンザレスという船乗りが、国王に提出した佐渡金山に関する報告書があった。
そこに登場する上杉景勝の叔母が「上杉謙信」のことと解釈できる部分がある。

他にも歴史記録の中に、上杉謙信が女だったと思わせるものがある。

長岡の瞽女頭・山本ゴイの唄本『越後瞽女屋敷・世襲山本ごい名』という本には、謙信のことを「男もおよばぬ大力無双」と歌った歌がある。

謙信の死因は「大虫(生理からくる病気)」と書かれている。

京都に上洛し足利家と面会したとき、当主の妻と交流を深めていたがおとがめはナシ。
女同士の交流だったため誰もきにしていなかったのかも。

「生涯不犯」を称して一生正室も側女も置かなかった。

これらのことから上杉謙信は女だったのではないかといわれる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!