下から這い上がってきた

後輩の話。

大学生の時分、彼は警備会社でバイトをしていた。
あるデパートで物産展の警備に駆り出された時のこと。
彼の持ち場にの近い仮設厨房で、小さな騒ぎが持ち上がった。
洗い物をしていたシンクが詰まってしまったというのだ。

待つほどもなく設備担当の人が来て、仮設の汚水管をバラし始めた。
シンクからパイプシャフトまでの間に詰まり物があるらしく、中を掃除しようという腹だったらしい。
管が硬い音を立てて外れた瞬間、端から何かがズルッとこぼれ出た。

黒くて長い、髪の毛がびっしり。
その場に居合わせた者が仰天していると、髪の毛はあっという間に管の中へ吸い込まれて姿を消した。

ただ一人落ち着いた様子の設備担当者は、元通りに管を繋ぐと、何事もなかったように水を流してみた。
問題なく流れていく。
管詰まりは解決したようだ。

平然と去る担当者以外は、皆どうにも釈然としない面持ちだったが、物産展の開業中はとにかく忙しい。
誰ともなく仕事に戻り始め、すぐにその騒ぎは忘れられた。

その晩、仕事が終わってから警備会社に戻った折に、この話を上司にしてみた。

後輩:「何で仮設の管に、あんな大量の髪の毛が入ったんでしょうね?」

そのデパートで長く仕事をしている上司は、驚く素振りも見せずに言う。

上司:「それ、多分シンクから流したんじゃなくて、下から這い上がってきたんだよ。あの近辺の汚水管には、昔から鬘(カツラ)が居着いているんだ」

後輩:「へ?カツラ?」

驚いてそう問い返す。

上司:「いや、本当に鬘かどうかは誰も知らないが。でもあそこで下水が詰まるといつも、その鬘みたいなモノが見つかるんだ。サッとすぐに逃げ出すから、捕まえられたことはないらしいがな。以前に専用の掃除ブラシを奥まで突っ込んでみたところ、みっしりと黒髪が絡みついて引き出されてきたそうだ」

別の上司が割って入る。

別の上司:「あの通りの地下共同溝に入っている時にさ、時々ゴツンゴツンって、汚水管の中を移動する音を聞いた奴なら結構いるぞ。勾配を遡っていたって話もある。まぁ得体の知れないモノには、極力関わり合いにならんことだ」

上司二人はうんうんと頷いていた。
後輩は、何かヤだなぁと思ったが口には出さず、卒業するまでその会社にお世話になり続けたのだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!