クレイグ・シャーゴルド

英国に住むクレイグ・シャーゴルドという7歳の少年が、脳腫瘍という難病と闘っていた。
彼はささやかな願いを人々に託した。

お見舞いの手紙がほしい、というこの願いは、世界中を動かしたのである。
彼の願いは普通の人々や政治家に届き、1年のうちに千六百万通もの手紙を集め1年後には彼自身の健康も取り戻した。

しかしクレイグの願いは、なおも幾多のチェーンメ-ルとして引き継がれ広がっている。

今も押し寄せる手紙の大群を前にして、少年の願いの言葉は別のものにとって変わっている。

「有り難う、でも、もう結構です」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!