怪談会を計画

祖母は昔、相当なお転婆で、女学校時代は篭球部(バスケ)の主将を務め袴姿で張り切っていた。
そんな祖母が部の友人と怪談会を計画。

ただ話をしてもつまらないと、近所の山の麓にある廃屋で行うことにした。
しかも、親の目を盗んで夜に集まったというから驚く。
参加者は4名。

件の廃屋に着くと真っ暗な家の中から話し声がした。
見つかるとまずいと思いつつ耳を澄ますと、どうも先客も怪談会をしているようだ。

『・・・4人は化物に食べられて・・・』

その声は間違いなく自分の声だった。

さすがの祖母も、この時ばかりはすぐ引き返したのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!