「黒い影」が先輩を見守っている

大学の先輩が、いつか酒の席で聞かせてくれた話です。

先輩のお母さんは、まだ先輩が赤ん坊の時に離婚してから、ひとりで先輩を育ててきました。

お金がないので保育園にもやれず、先輩は一人で家に置き去りのままだったそうです。

ある日お母さんが早退けして家へ帰ってくると、先輩が誰かと話す声がします。
驚いて子供を見ると、先輩はひとりで空中に話しかけ、相づちを打っていたのだそうです。

先輩はその頃のことをよく覚えていないそうですが、物心ついたときから「黒い影のようなもの」が自分の周りにいることはわかっていたそうです。

「黒い影」は幼い先輩の友達であり、親代わりのような存在でした。

先輩が一人になると、「黒い影」は先輩に優しい言葉をかけ、一緒に遊んでくれました。

先輩は幼な心に「黒い影」のことをお父さんと思っていたそうです。(もちろん、本当のお父さんは違うところにいます)

不審に思ったお母さんが四六時中先輩を見張るようになると、「黒い影」は姿を消しました。

今でも時どき身の回りに「黒い影」の気配を感じる、と先輩は言います。

ベッドの下やドアの陰に「黒い影」は隠れていて、少し寂しそうに笑っているのだそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!