母は汚れた人間だった

赤ちゃん~中2まで母子家庭だったけど、小3くらいまでは母の彼氏やら、援助男が数人家に出入りしていて、兄と私が密かにあだ名をつけた『大関くん(40代くらいの太ったおじさん)』が仲介者の紹介でやってきた。

通常おっさん達は、母を目当てに来ているんだけど、大関くんだけは?私目当てにやってきた(当時、幼稚園年長)。

仲介者、母、大関くんは母の部屋で話をしていたけど、ふすまには誰がやったか忘れたけどメロンが通るくらいの穴があいているので、私はそこから堂々と覗いて聞いていた。

20万くらい?か、それ以上のお金を母が受け取り、母は「わかっていると思うけど汚れにはしないでちょうだいね」みたいな事を大関くんに言っていた。

仲介者と母は穴から覗いている私を見て手招きし、私は部屋に入って大関くんと挨拶させられ、よろしくねと言われた。

大関くんは土日に私を連れて、遠い動物園、遊園地、美術館、牧場、海、スケートなど
色々な所へ連れて行ってくれてご飯も食べさせてくれた。
ただ、毎回行く先々で絵を描かされた。

手は繋がれたし、肩車もされたけど、それ以上変な事はされなかった。

1年半くらいそんなのが続いたけど、私の誕生日に遊園地に行った時「今までありがとう、元気でね」と言われ、それっきり家に来る事はなくなった。

特に母には何も聞かなかったけど、それからしばらくして仲介者が母に、大関くんが亡くなったと話をしていたので、割り込んで「どうして?」と聞いたら、病気で亡くなったんだよとだけ言われた。

何が衝撃かと言うと、大関くんだけじゃなくて色々なおっさんが数年間出入りしていたし、それがあまり重大な事だと受け止めていなくて我が家では普通の光景。
高学年になって、ヤバイ家庭だと気が付いた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!