猟奇事件の都市伝説

日本有数の豪雪地帯として有名な秋田県横手市に伝わる、全くもって得体の知れない不気味な話。

ある年の冬、子供たちが雪を積んで、かまくらを十ばかり作った。
そこへ川井昌助という男がやってきて、何の気なしにかまくらのひとつを覗いてみた。

中では、あろうことか、子供たちが男の死体を斧で切り刻んで遊んでいた。

かまくらの中は鮮血でいっぱいになっていたという。

仰天した川井は、もうひとつのかまくらを覗いてみた。
中では、やはり子供たちが笑いながら女の死体を弄んでいた。

茫然とその光景を見ていると、やがて子供たちがゾロゾロとかまくらの中から這い出してきた。

十ばかりあるかまくらから出てきた子供たちは、皆一様に大人の生首を持っていたという。

真偽も、この猟奇事件の顛末も子供たちの正体も一切伝わっていない。

ただ天保の末頃の話だという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!