適当な返事は絶対にやめたほうがいい

その老婆は夕方、4時頃に現れる。
背中に大きな風呂敷包みを背負い、出会った者にこう問いかける。

「足はいらんかね?」

運悪く、居残りで帰りが遅くなった少年は、老婆の問いに呆気に取られた。
足?足って何の?
返答に困っていると、老婆は更に詰め寄ってくる。

「なぁ、坊や。足はいらんかね?」

顔を覗き込むように聞いてくる老婆の不気味な笑顔に、思わず後ずさりした少年の意識はふと、老婆が背負う風呂敷包みに向けられた。
大きくて、何やらたくさん荷が詰め込まれた風呂敷。
あの中には、何が入っているのだろう――と。
もしやあの中には、たくさん人間の足が詰まっているのではないか――。
その考えにゾッとした少年は、思わず叫んだ。

「い、いらないよ!僕、足なんていらない!」

その答えに老婆の笑みが、ニイィ、と深められる。
その直後、少年の絶叫が辺りに響き渡った。
声を聞いた人々がやって来ると、そこにもう老婆の姿はなく、片脚をなくした少年が血溜まりの中に倒れているだけであった。

老婆に出会ったら、「いらない」と答えてはいけない。
足を一本もぎ取られてしまう。

「いる」と答えるのもいけない。
足を一本くっつけられて、余分な足が増えてしまう。
助かりたければ、こう答えなければいけない。

「私はいらないので、◯◯(友達の名前)の所に行ってください」

足をなくすか、足を増やすか、友達を売るか。
老婆に出会ったら、最悪の選択肢しか待っていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!