犬を散歩させているヤツの正体

犬の散歩は、大変だと思う。
早朝や夜遅くに散歩している人をよく見かける。
その度に、ついそんなことを考える。

日中は仕事や学校だから、そういう時間帯になってしまうのだとは思うが・・・。
俺も小さいころ、実家で犬を飼っていたが、追いかけられた記憶しかない。
本人はじゃれていたつもりだったのだろうが、俺にはそれが恐怖だった。
そして中学に上がり、犬にも慣れ始めたころ、飼っていた犬は病死してしまった。

俺の通っている大学は、下宿先から自転車で15分くらいのところにある。
いつも近道である川沿いの道を通る。
その日も、実習が長引いて遅くなってしまった。

いつものように川沿いを自転車でこぐ。
川沿いの道は、車両が一台やっと通れるくらいの広さ。
両岸とも自転車を除いて一方通行となっている。
川といっても上水路といった感じで、幅はせいぜい10Mくらいしかない。
俺は冬の寒さにこごえながら、家路を急いだ。

橋にさしかかったとき、人影がみえた。
こちらに背を向けてじっと立っている。
犬の散歩中らしく、手づなを引いて、犬が用を足し終えるのを待っている。

「こんな寒い中、大変だな」と思った。

ふと見ると、その人ズボンの丈が合っていない。
スネが丸見えで寒そうだ。
紺のダウンジャケットを着て、ファー付きのフードを頭まで被っている。
その人の横を通り過ぎたときだった。

「わん」

犬の声とも、人の声ともとれないような声。
むしろ音だったのかもしれない。
少し驚いて、俺は振り向いた。
穴だった。
黒い穴が三つ。
そいつの顔であろう場所にぽっかりあいている。

穴のような目と、穴のような口・・・。
背筋に悪寒が走った。
猛スピードで自転車をこいだ。
川沿いをひたすら走り、一つの橋を超え、二つ目の橋を超え・・・何か嫌な予感がした。

振り返ると、追いかけてきている。
距離は遠のいたが、そのまま夢中でペダルをこいだ。
アパートに着く頃には、そいつはいなくなっていた。

次の日、大学の友人に昨晩の出来事を話した。

「そりゃあお前、つんつるてんだよ」
「つんつるてん?」

妖怪のたぐいかと思ったが、どうも違うらしい。
友人が言うには、ズボンの丈が合わずにスネが丸見えのことを、つんつるてんというらしい。
単なる見間違いだ、と軽くあしらわれた。

その次の夜だった。
そいつはまた現れた。
実習で遅くなり、川沿いを帰っていたとき・・・そいつは同じ場所、同じ格好で立っていた。
ズボンの丈が合っていない・・・。

「わん」

そいつから逃げるために、思い切りペダルをこいだ。
幸いヤツはぼくの自転車についてこれない。

「わん。わん。わん」

犬のような、人のような。
低い男の声。
逃げ切るまで止むことはなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!