火星には既に「空港」がある

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

「キュリオシティ」をはじめとするNASAの最新鋭の探査車によって刻々と明らかになる火星の地表の様子。
先日の、新型宇宙船「オリオン」試験機の打ち上げ成功でいよいよ有人火星探査プロジェクトの幕が切って落とされた今日、1970年代からUFO情報公開活動に携わり、元NATO軍司令部に在籍していたこともあるボブ・ディーン氏の言説に再び注目が集まっている。
氏によれば火星には既に「空港」があるというのだ。

■火星の地表に惑星間空港がある

ボブ・ディーン氏によるこの衝撃の発言は、遡ること2009年7月25日、スペイン・バルセロナで開催された講演会でのことだ。

「ExopoliticsSummit(宇宙外交会議)」と呼ばれる講演会の壇上に上がったディーン氏は、大型スクリーンに火星の空港を撮影した写真を映し出し、「これは火星探査機『マリナー9号』から撮影された“空港”の写真だ。この施設はパーキング、管制棟、メインターミナルの3つに分かれている。(メインターミナルの大きさ、形から)想像するに、とても混雑した空港なんだろうね」と観衆の軽い笑いを誘った後、「この空港は自転を利用して離陸を容易にするために火星の赤道上にある。したがって単なる空港(火星内空港)ではなく惑星間空港である」と説明している。

ディーン氏は、火星文明は一度滅んだという「火星文明滅亡説」とは違う立場にあるようで「この施設は廃墟ではないと思う」と述べているが「現在も使われているものなかどうかは分からない」とも言及している。

この「惑星間空港」に続いて、ディーン氏はソ連の火星探査衛星「フォボス2」が撮影した火星の地表にある都市の写真も紹介している。
シカゴほどの規模の都市で、この地表の施設の下に地下都市が広がっているということだ。

火星にある施設の紹介はこの2つにとどめているが、ディーンの発言趣旨はもちろん、火星に文明があることを主張するものであり、さらに言えば既に人類は多くの地球外文明社会と接触していて、今も現実に交流があることを示唆しているのだ。

■異星人を知ることは人類の起源と未来を探求すること

現在はUFO研究家として活動しているボブ・ディーン氏は1929年生まれで現在85歳。
1948年、22歳の頃から米陸軍に所属し、主に情報分析任務を担当して28年間勤務している。

軍人時代の1964年、NATO軍司令部に在籍していたときに最高機密情報「アセスメント(TheAssessment)」と呼ばれるUFOの地球上での活動情報を収めたファイルを目にしたことを公言している。

1976年に米陸軍を退役後は、米アリゾナ州にある政府機関「危機管理局」で危機管理責任者として14年間勤務。
その間にUFOや地球外文明を広く世に啓蒙するための組織を作り上げ、UFO研究家としての活動もスタートさせている。
数々のメディアや講演会に登場して自説を語ったり著書を執筆するなど、現在も幅広い活動を行なっているUFO研究の草分け的人物である。

「アセスメント」に基づく軍の研究、およびディーン氏の見解では、UFOと共に現れる地球外生命体には人類に対する敵意がないことを結論づけている。
しかし、地球外生命体=異星人は様々な思惑をもって地球上に現れ、人類を監視、調査しているということだ。

「異星人を知ることは、同時に人類の起源と未来を探求することである」というテーマのもと、ディーン氏は20年間に及ぶ地球外文明の研究を続け、その甲斐あって異星人と話すこともできるようになり、彼らの宇宙船に乗せてもらったことがあることを、「SupremeMasterTV」のインタビューなどで話している。

しかしながら、火星にあるこの「空港」や「地下都市」などの施設の詳細については残念ながらディーン氏にも不明であるという。

極めて高い知性を持つこれら地球外文明の実態や考えを知るのは、人類にとってまだまだ認識力不足といえそうだ。
ただ、ディーン氏は現在の火星にも知的生命体が多く居住しているだろうと述べている。

火星にはやはり知的生命体が暮らす文明が存在しているということだろうか。
「キュリオシティ」などの探査車がこれらの“施設”を発見する日は意外に近いのかもしれない・・・・・・。

リアル『インターステラ―』の時代も間近である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!