人間の顔があった

ある男性が深夜飲食店でアルバイトをしていた。

お店はもう閉店の時間となり、いつものように男性は厨房で出たゴミをまとめて店の裏口にあるゴミ箱へ出すことにした。
店の裏口は細い路地に面していて、深夜ということもあり人通りは全くなかった。(ゴミをあさっている犬がいるな・・)

ふと見ると店のゴミを集めているところで一匹の犬が顔を突っ込んでゴミをあさっていた。
邪魔だと思いながらも男性は近くに行けば犬も逃げるだろうと、大きく膨らんだゴミ袋を引きずるようにしてゴミ捨て場へと近づいた。

普通の野良犬なら人間の気配がすれば直ぐに逃げるのだが、その犬は一心不乱にゴミをあさっていた。
これ以上散らかされるのもなんなので男性は思わず犬相手に「おい、コラ!あんまり散らかすなよ!」と声をかけた。

その声に男性のほうをゆっくりを振り返る犬。

しかし、それは「犬」ではなかった。
犬の頭にはあるはずのないに人間の顔があった・・・・・・。

人面犬は男性に向かって「ほっといてくれ」と言い残すと振り返って町に消えて行った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!