死骸を潰して押し花みたいに

俺が中学生のときに体験した話。
あれは確か中2の夏だったと思う。

部活も入ってなかった俺は、いわゆる帰宅部ってやつだったんだが、その日いつものようにすぐ帰ろうとゲタ箱のフタを開けると、中にあれ?と思うものが入ってたんだ。
それは親指サイズのカエルを模したキーホルダーで、女子が筆箱あたりにつけてそうな可愛い感じのやつだった。

当然それは俺のものではない。
誰かがこれを身につけていたという覚えもなく、なんでこれが自分のゲタ箱の中に入ってたのか、いろんな事が謎だった。

その時の俺は特になにも思わずそのカエルをテキトーにポケットにしまい、その日はそのまま帰った。

問題が起こったのは次の日だった。

次の日の朝、俺がいつものように登校し、ゲタ箱を開けると、そこにはある一通の手紙が入ってあった。
封筒はこれまた可愛らしくて桜の模様とかが描かれているピンクっぽい感じのものだった。

俺はすぐに、これは”俺にも春が来たか!”と舞い上がった。
俺はとりあえずその場ではすぐに手紙を開けず、それもまたポケットにしまい教室へと向かった。

その日はずっと手紙のことで頭が一杯だった。
どんな子がくれたんだろうとか、もし付き合うとなったらデートはどこへいこうとか、そんな事を考えていた気がする。

そうして一時間目、二時間目と時間は過ぎていき、昼休みの前のそうじの時間となった。
俺は教室の掃除だった。

早くトイレとかに行ってこっそり手紙を読みたいと思ってた俺は、はり切って掃除をしていた。
だがそれがよくなかった。

張り切りすぎて回りが見えてなかった俺は、一緒にそうじしていたやつとぶつかって倒れてしまったんだ。
とりあえずぶつかったやつに謝りながら手紙が落ちてないかポケットを確認する俺。
だが急いで確認したせいで、手紙がポケットから出てしまい床に落ちてしまった。

「なんだそれ~!」

めざとくそれを発見するクラスの連中。

俺:「おい!やめろ!それは俺が最初に見るんだ!」

クラスの連中:「おいおいなんだよ、手紙みてやろうぜ!」

俺:「おいだからやめろって・・・・・・・・・・・・・・・・・・どうした?」

クラスの連中:「・・・お、おい・・・・・・この手紙なんだ?」

クラスの連中:「なんだってなんだよ、告白の手紙じゃ――」

クラスの連中の一人:「う・・・・・・うぼええええぇぇぇぇ」

突然手紙を読んだやつの一人が吐き出した。
給食を食べたばっかりで中身がまだきちんと消化されず、そのまま出てきていた。

先生:「お、おい大丈夫か!」

クラスの連中:「ちょ、せ、先生!」

教室は騒然となり、先生が騒ぎを聞き、駆けつける。

先生:「おい、どうした!」

クラスの連中:「◯◯くんが、急に吐いて・・・・・・この手紙を見て・・・」

先生:「何?・・・・・・ってなんだこいつは!誰だこんなふざけた手紙を作ったのは!」

俺はその時はじめてその手紙を見た。

そこには真ん中にでっかく気持ち悪い感じに描かれた男の子の絵が描いてあった。
それだけならたいしたことはない。
問題はその右下・・・そこにはなんとゴキブリの死骸を潰して押し花みたいにぺちゃんこにしたのが紙に張り付いてあった。

当然手紙を持っていたのは俺なので、俺はすぐに先生に職員室に連れていかれ、詳しく事情を聴かれた。

といっても俺がその時知っていたのは、朝来たらあの手紙がゲタ箱に入ってたことくらいなので、事件の真相はわからなかった。
でだ、それだけなら単なるちょっと気持ち悪いいたずら話ということになるだろう。
だがそれだけでは終わらなかった。

というのも俺のいく先々でこういう嫌がらせが続いたのだ。
それは学校内だけでなく、通学の最中とか家の中までも及んだ。

例えば俺の部屋は二階にあって窓の外にベランダがあるんだが、そこに腐った動物の死骸を投げ入れられるとか、カバンの中に生肉が詰め込まれているとか・・・。

当然俺はノイローゼになり、自然と外に出なくなっていった。

そんなある日のことだ。
俺はその日、体調がものすごく悪く熱もひどくなっており、学校を休んだ。
前日まではそんな調子ではなかったのだが、急にそういう風になったんだ。

その日母はパートで昼から夕方まで出掛けなくてはいけなかった。
当然俺は家に一人残されることとなり、熱もでてあまり動けない俺は、部屋でじっと横になってた。

・・・母が外出して1時間ほど経った頃だろうか?
ふと遠くから何か音が聞こえてきているのを感じた。

最初は熱による耳なりかと思ったんだがそうじゃない。
なんというか・・・・・・「うぉーうぉー」と何かが叫ぶようなそんな音だった。

それが段々とこちらに近づいてくる。
そこの時点で俺は恐怖の限界だった。
だって・・・・・・その声は明らかに尋常じゃないスピードで、しかもまっすぐこちらに向かってきているのが分かったからだ。

うぉーうぉー!

うぉーうぉー!うぉーうぉー!

うぉー!うぉーうぉー!うぉー!うぉー!

どんどん声は大きくなり、最後には耳を塞いでいないと気が狂ってしまいそうなくらい大きくなった。

しかし、そこでふと音が鳴りやんだ。
辺りは急にシーンとなり、その静寂が怖くなった。

瞬間、「うおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!!!」

耳元で声が響いた。
そして俺は気絶した。

親は帰ってきたとき俺の顔があまりに真っ白なのと、寝巻きが汗でびっしょりなのを見て、俺が一瞬死んだんじゃないかと思ったらしい。

俺は親に泣きながら起こされると、今度は俺のほうが泣き出して親に何が起こったのか説明した。

それを聞いた母親は、ついに霊媒師?ってのを呼ぶのを決心したらしく、すぐに知り合いのつてをたどって霊媒師を呼ぶ手続きをした。

その二日後にその霊媒師が来た。
彼は俺の部屋の中に入るなり、俺のタンスの中を開けてズボンを引っ張り出した。
そして彼がそのズボンから取り出したものは、あのときゲタ箱に入っていたカエルのキーホルダーだった。

彼いわく、そのキーホルダーには妙な呪いみたいなのが付けられているらしく、それによって俺が今までこんな怖い目にあってきたらしいとのこと。

これはこちらで処分するから君はもう安心していい、といわれたとき、俺はついホッとして泣き出してしまった。

でも一つだけわからなかったことがあった。
誰が俺のゲタ箱にそのキーホルダーを入れたかってことだ。
その話をその霊媒師の人にしたとき、彼はまじめな顔をしてこう言ってきた。

霊媒師:「恐らく私がこの呪いを解除したとき、この呪いをかけたものが今度は呪われるだろう。・・・多分、近いうちに妙に不幸な出来事に見回れることが多くなるやつがいれば、そいつが・・・」

そう言って彼は出ていき、それっきり俺に妙なことは起こらなくなった。
その代わり俺の代わりのように不幸になっていくやつが現れた。

それは・・・・・・俺のクラスの中心グループの連中全員だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!