タイタン号

タイタニック号の悲劇は予知されていた!?

1912年、当時世界一の豪華客船だったタイタニック号が大西洋上で氷山と衝突し
1503名の命と共に沈没したのはあまりにも有名な事件。
特に有名なのは、この事故から14年ほど前に書かれた小説である。
小説の名は「フューティリティ」といい、作者は元イギリスの一等航海士であったモーガン・ロバートソンという人物。

ロバートソンは、この小説の中で巨大な豪華客船「タイタン号」が沈没する様を書いているが、その様子がタイタニック号の実際の事故と非常によく似ているのだ。

船名タイタニック号
事故の月4月
航路サザンプトン港からニューユーク
事故の原因氷山と衝突
氷山と当たったときの速度23ノット
スクリューの数3基
船の規模世界最大の豪華客船で沈没はあり得ない
救命ボート数が圧倒的に不足

タイタン号(小説)
事故の月4月
航路サザンプトン港からニューユーク
事故の原因氷山と衝突
氷山と当たったときの速度25ノット
スクリューの数3基
船の規模世界最大の豪華客船で沈没はあり得ない
救命ボート数が圧倒的に不足

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!