近づいてくる気配の恐怖

それは、どんよりと雲に覆われた初夏の事でした。
星も見えない夜で、かなり蒸し暑かった事を覚えています。

その公園は民家からかなり離れているので、深夜になると人気がなくなります。
俺ら友人達の格好の溜まり場になっていました。

その日の夜、彼女に振られた俺は、その公園で一人しょぼくれていました。

「くよくよ悩んでいてもしょうがない」
「早く諦めろ」

なぁんて事を考えながら、物思いにふけっていました。
どのくらい時間がたった頃でしょう。

公園の隅にあるブランコが揺れだしたんです。
ギーコ・・・ギーコ・・・ギーコ・・・・。

「誰か来たのかな??」

俺はそう思い辺りを見渡しました。

辺りはしーんと静まり返って、人のいる気配はありません。

「風かぁ」一人納得していました。
すると、俺とブランコの間にあるシーソーがガタンガタンとゆっくりと動き出しました。
誰もいません......。
だんだん俺に近づいてきます。
なんか蒸し暑かった筈なのに、みょーに肌寒く感じます。
怖くなった俺は、自転車に乗って猛ダッシュです。

やっとの思いで家に着き、落ち着こうと思いタバコを手に取りました。
ふぅーー。
と煙を吐いたその時、目の前で煙が真っ二つに割れました。
壁に向かって煙を吐き出した様に・・・。

「あれ???」不思議に思った俺は、もう一度煙を吐いてみました。
ふぅーー。
煙が男の顔型に割れました。
俺の目の前10cm位の所で・・・。

「けむいんだよ安藤」

その男がぼそっと俺の目の前で囁きました。

俺の名前は安藤です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!