悲しむ絵

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

子供の頃、うちに時々ヤスオさん(仮名)という若い洋画家が遊びに来ていた。
ヤスオさんは父の旧友の次男で、親の反対を押し切って画家を志したため勘当され、いよいよ食い詰めるとうちに食事に来たり、お金を借りたりしていたのだという。

ヤスオさんはいつもお金を返すことができず、さすがに心苦しく思ったのか、ある時「お世話になってるお礼に」と、父の肖像画を描いて持って来てくれた。
が、その絵は父に似ていないうえ、ひどく陰鬱な雰囲気だったので、両親はそれを納戸の奥にしまい込み、そのまま忘れてしまっていた。

数年後、ヤスオさんは日の目を見ないまま、30歳で自ら命を絶ってしまわれた・・・。

すると、彼の父親が「息子のアトリエにこんな絵があったから形見に受け取ってくれ」と、なんと以前もらったのと同じ父の肖像画を持ってきたのだ。
家族中でビックリして、父の友人が帰ったあとに納戸の肖像画を探したが、どうしても見つからない。
以前のヤツは捨ててしまったのかも・・・・・・これはきっとその時の習作だねと皆で言い合って、とても飾る気になれないその暗い肖像画を、母は再び納戸にしまい込んだ。

ところが、それから我が家には急病や姉の破談などの不幸が重なり、とくに姉の破談を気に病んだ母が評判の霊能者に見てもらったところ、「1階の奥にしまってある絵が飾ってくれと強く訴えている」と言われたそうだ。

霊能者は、「その肖像画は最初から1枚しか描かれていない。それを書いた男性は、生前からその絵が飾ってもらえないことを内心ひどく悲しんでおり、死後にその絵を父親に託し、形見としておたくに運ばせたのだ」と語ったという。

まっさかあー(;´∀`)と言い合いながら、母は菩提寺に事情を話してその絵を預けた。

ヤスオさんには申し訳ないが、飾るのが不吉に思えるほど暗い雰囲気の絵だったからだ。(ご住職はその絵が嫌ではないらしく、有難く飾らせていただくと言ってくれたそうだ)

以来、悪いことは起きていないので、ヤスオさんも納得してくださったのかなと思う。
私の記憶にあるヤスオさんは、物静かで優しいお兄さんだった・・・・・・心から哀悼。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!