あんたはこの世の人ではない

妹の部屋に泊まった時の話。

自分は長野で働いてるんだけど、時たま東京に出張するときがある。
勿論、会社から宿泊費みたいなホテル代は出るんだけど、自分は大抵妹の部屋に泊まる。

場所が白山だから便利だし、大学がある(東大と東洋大)から安い店も多い。
そんないつもの出張のとき、いつものように妹のアパートに泊まったの。
で、よせばいいのに、数日前に心霊スポットに行ったらしいのね、妹。

もう馬鹿かと。
やばいことはやめとけと。

でも行っちゃったらしいが・・・案の定、なんかおかしいんだって。

妹:「連れて来ちゃったかもしれない」

自分はそういうの全然わからないし、正直妹の言葉は信じていなかったんだけど、怖がりぶりが尋常じゃないの。

まじめに怖いって言ってるさ。

その夜、妹がトイレに行ったのね。
そのとたん凄い悲鳴!

マジ?って思ったけど、実際大声出すのって迷惑じゃない?
近所迷惑になるしさ。

だからこりゃマジだなって思ったんだよね。

飛んでいって「何だ?」って聞いたら、「そこにオッサンが座ってる」って。
便器に・・・。

俺には見えない・・・。
でも、妹は「居る」って言うの。

さすがに怖くなったけど、見えないんだからしょうがないわけで。

俺:「なんだお前は?」

って言ってみたの。

どう見えるのかわからないんだけど、なんか半透明みたいなかんじ?って言う風に見えるらしいよ、その人。

その場でそういうふうに説明されたんで、一応お引取りしてもらおうと思って、「あんたはこの世の人ではないあの世の人なんだから、この部屋から出て行ってくださいな」って言ったの。

もう((;゜Д゜)ガクガクブルブル。

やっぱりあの世の人なんだから、ドアとか自分じゃ開けられないかな?って思ってさ、そのときなんでそう思ったのかわからないんだけど。

幽霊なら壁とかドアとかするっと通り抜けたりするんだよね?
とにかく、見えないなりにさ、玄関のドアを開けて、「とにかくどっかに行ってください」って言った。

俺:「幽霊が出たら人に迷惑だから、どっかに飛んでいってください」

まあとりあえず言っただけだけど。

だって見えてないんだもん、自分。

妹の見たところによると、飛ばなかったらしいw

普通に階段を下りてどこかに行ったって、あの世の人。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!