遺影の女の子

彼女の体験談。

中学の頃、祖母が亡くなり、お通夜が行われてる時の話。
その葬式会場は他の方のお通夜も行われてて、人は結構いたらしい。

そして夜になり、トイレの便座に腰を下ろし泣いてたらしい。
すると、ドアの外の手を洗う辺りから女の人の泣き声が聞こえてきて、「ああ、この人も私と同じような境遇の人なんだなー」と思ったらしい。

そして、涙を拭い外に出ると、その女の人は自分と同じ中学生ぐらいの子で、顔(彼女の)をじーっと見つめたまま泣き続け、その顔見てると自分も悲しくなり、軽く会釈をしトイレを後にした。

そして、祖母のお焼香をしようと部屋に向かってる時、背筋が凍ったらしい。
隣の方の遺影が、どう見てもトイレで見た女の子で、よく考えたら、人の顔をあんなに凝視しながら泣くのに違和感を感じたらしい。
で、その後遺族の方にお願いして手を合わせてきたらしい。

ちなみに、その子は病気で亡くなっていて、未だにあんなに悲しい顔した人間は見た事無いらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!