その部屋は引き払った

当時借りていた部屋は、ラップ音や金縛りは日常茶飯事。

ただ、何者かの姿を見たり、物理的な攻撃を受けることはなかった。
それでもおかしな感じが続いたので、意を決して室内の、何となくここだと思う場所を、カメラで撮影してみた。

おそるおそる写真を確認していったが、妙なものは写っていなかった。
ホッとした反面、そんなはずはない、という気持ちもあった。

あるとき、凄まじい霊感の持ち主と噂される知人△に会う機会があった。
飯おごるから、と条件を提示して相談を持ちかけた。

△に部屋の状況を説明して、件の写真を見せた。
何も写ってないけど写真右上の辺りから何となくイヤな感じが、と伝えると「ここ?ドラえもんみたいな顔があるよ」と。

ドラえもんて。

恐怖とは無縁のボンヤリした△の描写に、ガクッと気が抜けた。

霊感の持ち主:「ドラえもんは大丈夫そうだけど、心配なのは、」

△が写真の右下を指差して、続けた。

霊感の持ち主:「ここに男の子が割とはっきり写ってる。心当たりない?目つきが悪いのが気になる。あまり良いものではなさそう」

心当たりなどない。
子供の恨みを買った覚えもない。

「6歳くらいの」と言われ、しばらく考えこみ、「・・・あっ!」俺はある事に思い当たった。

それにかぶせるように△も「あっ!」と言った。

写真を凝視していた△は、あからさまに動揺した様子。
俺が見ていた限り、写真には変わった事はなかったのだが。

俺は、半年前に近所で起こった事故を思い返していた。

夕方、ちょうど部屋にいて本を読んでいた。
緊急車両のサイレンの音が近づいてきて、すぐ近所で止んだ。
回り続ける赤灯が窓に反射して、外の様子が気になった。

外を覗くと、野次馬の数がすごい。つられて現場に近づいていった。
事故処理車と救急車、その先に飲料メーカーの運搬車が停車。
路上に毛布がかけられているのが人々の隙間から見えた。

死亡事故だ。

己の野次馬根性に後ろめたさを覚え、引き返した。

側道の坂を自転車で下り、直角に交わる本道へ飛び出した男児が右方向から直進してきた運搬車に巻きこまれ、頭を轢かれ即死。
職場の先輩から、そのように事故の詳細を聞かされた。

写真に写っているというのは、もしやその男の子なのでは・・・。

事故現場には丸い沁みが残っていたが、その道を迂回するのは困難で俺は毎日そこを通った、それだけしか接点はないのだが・・・。

事故のことは説明せずに「心当たりがあったかも」とだけ△に告げた。

ところで先程の△の「あっ」は何だ、何が見えていたのかと尋ねると「うーん。あんたがさっきアッって言った瞬間、男の子の首から上がスーッて消えてったから、びっくりしてつい」

△の忠告に従い、その部屋は引き払った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!