人間の寿命は200年

自分のばあちゃんは、田舎の集落みたいなところに住んでいた。
里帰りで行くと、祭りの盆踊りの練習や獅子舞の練習みたいな、公民館でやっているのに参加することができた。

夜8時とか9時ぐらいまでやっていて、大人が酒飲んでる横で子どもが練習する、みたいなのが非日常的で楽しんで参加してた。
一人っ子だったし楽しかったんだ。

そこでしわっしわのばあちゃんで、「神様」みたいな人がいた。
神様は、「のんのんさま」みたいな感じで様付けで呼ばれてる人で、それが名前じゃないというのだけは知っていた。
子どもが集められて、神様が一度、「この世のことわり」を話したことがある。

人間の寿命は200年。
そこから何かするごとに、貸し借りで命が削られていく。
生き物を殺したら○年、盗みをしたら○年だ。
逆にいいことをしたら、チャンスがくる。

「○○」という白い虫を見たら食べろ、それが寿命がのびる唯一のチャンス・・・。

・・・そんな話だった。
その場で白い虫も見せてくれた。

のんのんさまは、それで200年以上生きているという話だった。
そのときじゃないけど、江戸の話を見てきたかのように語ってた。

それで子どものころは、白い虫が見えてたんだよね。
ケサランパサランがすごく近いんだけれど、雪虫の毛が長くなったような、なんかほわほわの虫。
目とか触覚とかもある、食べたらほんのり甘いやつだった。

不思議と、親の手伝いとか、誰が見ても人のために役立ついいことした直後に見つかるんだよ。
でもいつのまにか見なくなってた。
長寿の村というわけじゃないし、神様の意味がわからないけど、あの虫なんだったんだろ。

どこに書いたらいいかわからないので書いたけど、俺、今寿命いくつなんだろうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!