おかぁさん、足が無いよ

私が大学生の時のお話。

その当時、母親が過労で倒れて入院。
付き添いは私と父親が交代でしていた。
2週間ぐらいかなぁ、入院期間。

その頃になると母親も体力・気力を取り戻し、医者にも「あと2、3日様子をみて異常がなければ退院できますよ」と言われた時には、心底ホッとしたもんだ。
ま、そんな話はさて置いて。

病室には一応、付き添いの人の為の簡易ベッドがあるんだが、いかんせん消灯9時生活はキツイ。
なもんで、よくロビーの喫煙所で漫画読んだりしてた。

ロビーは一階、母が寝てる病室は二階。
でもって二階は東練と西練に別れてた。
母親の居るのが東。
西は、長期の入院生活を送ってる子供が大半だったと記憶している。

んで、夜とか結構泣いてる子供が多いんだ。
やっぱ、長いこと家に帰れないつーのは大人でも辛いものがある。
しかたないよな、と思うけどやはりここは病院、あんまりにも煩く泣いてると看護婦さんがたしなめに行く。

「がんばろうねぇ、もう少ししたらおうちに帰れるから、泣かないで」

その日も、夜中に子供が泣いていた。
凄い勢いで、てな感じじゃなくてシクシクシクシク・・・本当に哀しそうに泣いてた。

ところでさ、病院に限らず、あーゆう建物って割と音が反響するもんだが、その泣き声の主がすぐ傍にいるような、はっきりクリアに聞こえたんだよ。

で、いつまでたっても泣き止まない。
不思議と看護婦のたしなめる声も聞こえない。
おかしいなぁ、などと思ってたら

「靴が無い」
「おかぁさん靴がないよ」

シクシクシク・・・。

「足が痛い」
「おかぁさん、足が無いよ・・・靴、はけないよ」

あー、足がないのか可哀相にな。
そん時はそう思ったんだけど。

次の日その事を看護婦に話したら「いやぁだ。そんな子はいないわよ」と、まぁお決まりの答えが。

そんな事だろうと思ったよ。
洒落にも怖くも無くてすみません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!