組み手を作って寝てはいけない

まずは手始めに・・・。
その昔、従姉妹が実際に体験したお話を一つ・・・。

仰向けで寝る時に、両手を胸の上の丁度真ん中で、組み手を作った状態で寝ると、悪夢にうなされるとか、金縛りに遭いやすいとか、聞いた事がある方いませんでしょうか?

実際のところ、寺生まれの・・・Tさん・・・ではなく、寺生まれの亡くなった祖母より、聞いたのですが、この謂れ?の意味合いは、特異なケースを除いて、亡くなった後ご遺体を、この体制に整える事に所以するらしいです。
前置き長くてすいません。
そんな訳で本題です。

彼女はその話を知りつつも、その格好が一番落ち着くとの事で、その体制で眠りについていましたがある晩の事・・・。

いつもは朝まで目を覚まさないそうですが、前触れも無くバチっと目が覚めた様で、足元にある壁時計を見れば、午前3時32分だったそうです。
何故目が覚めたか、不思議に思っていると、突然金縛りにあい、組んだ状態で動かない両手の平が、バチバチと(静電気のあの感覚らしい)なり始めたそうです。

動けないうえ、痛さと初めての経験に、困惑していると、その組んだ両手の指の隙間から、トンネルを抜け出る様にゆ~っくりゆ~っくりと、白い煙の様なものが出てきたそうです。
更に驚いていると、その煙自体が発しているかの様に、女性の声色で、「ウフフフフ~ッ」と甲高い笑い声が聞こえて来たそうです。

怖くて怖くて仕方がない中、ふと先程の時計に目をやると、時計の針は丁度「3時33分」のゾロ目だったそうです。

その体験以来、彼女は絶対に、胸の上で手を組んだ状態では眠らなくなりました。
皆様もどうぞ、お気を付けあそばせ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!