奥尻島の復興で・・・

自分は建設業だが、洒落にならん話は数点かな。

一番酷かったのは奥尻島の復興に行ったとき。
正直、二度と行きたくない。

現地入したのは日中だったんだが、まず臭いが凄かった。
澱んだ水の腐った臭いや生ゴミのような腐臭、そんなものが入り交じってむっとしていた。

そして夜。
津波で洗われたあとだから、街灯なんざ根こそぎだし民家も潰れているから、本当の意味で闇。
僅かに被害を免れたところと、発電機のあるところぐらいしか明かりが無い。
そんな闇の中、自分は霊感なんざ指の先ほどしか無いような人間だが、それでも感じる『そこに何か居る』という感覚。
明るい室内の窓の外から感じる、視線にも似た圧迫感。

実際、巡回中に遭遇したこともあった。
一応、業者毎の担当区ってのがあって、夜も定時に巡回することになってた。
理由は、被災者が戻ってきて、怪我したり二次遭難しないためにね。

ある夜なんだけど、そうやって回っていたら、おばあさんが街灯の下に立ってたのよ。
当然、こちらとしては声をかける、「危ないですよ、どちらさんですか」ってね。

振り向いてこっちを見た・・・おばあさんの目は真っ暗だった。
そして気づいたんだけど、影がないし、そもそもこの区域にはまだ電気が復旧していない。
おばあさんの回りだけが、黄色がかった滲むように浮き上がっていた。

気づくと、マグライト持ったまま闇の中に立ってた。
目の前には、津波で粉砕された家があるだけだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!