あれは河童だ・・・

会社の先輩の親の七光り野郎が、意外にもいいヤツだった話。

現場からはちょっと嫌われてるが、基本的に丁寧で真面目な先輩はそこまで評判は悪くない。
あんまり繋がりのある部署じゃないけど、最近ちょっとしたことで仲良くなった。

現場でケンカがあって、明らかに弱そうな先輩が止めに入って、片方の荒くれ者に一発殴られてから 、先輩の空手が炸裂してえらいことになった。
現場のケンカしたアホの事情聴取と、病院つれてったりすることで仲良くなって、事務所の二階にまつわる話をきいた。

半年ほど前に、先輩は親父さんのツテで入社した。
先輩がきたころは、事務所の二階は夜は立ち入り禁止で、出るとこだったそうだ。
んで、聞くとどうやら、でかくて丸い気持ちの悪いものがいるそうで、お局様もビビってるくらいだった。
先輩は七光り入社の人で、今はいなくなった元責任者に、夜にそこの整理しろといじめられた。
先輩は普通にやりとげたんだけど、そこであった話。

先輩が言うには、「お化けも話したら分かってくれた」といってるけど確実に違う。
その化物っていうのは、なんだか卵に手足の生えた肉の塊みたいなもんで、見たら悪いことが起こったりして、なんかあった人のほとんどが辞めてたそうだ。

先輩は二階の整理を深夜にやってたら出てきたので、最初は蹴ったりしてたけど、後には”説得して成仏してもらった”と言ってた。

夜中までよく仕事している、事務員のお局様と夜勤の連中に聞いたら、本当のことが分かってきた。
先輩のやったことは、乱雑なものを整理してゴミを捨てる。
出てくるものを七光りの特権で捨てまくる。
んで、奥から、なんか動物のミイラみたいなものとか、神棚みたいなものとか出てきた。
駐車場で容赦なく焼く。

それやり始めてから、先輩の後ろで、その化物らしきものがついてまわるのが目撃されてた。
深夜の二階事務所から変な声が聞こえるようになる。

お局様が見たことによると、先輩が掃除してたら、先輩の隣にいつの間にか着物着た女がいて、レンチみたいなもので、化物をボコボコにしてたそうだ。
お局様はヤバいと思って、すぐにそこから逃げた。

今日、それを先輩に言ったら、「なんか憑いてるらしい」って言ってた。
悪い人じゃないんだけどなんか怖い人で、そういうのも関係してると思うけど、とにかく化物はでなくなった。

俺が「陰陽師ですね」ってからかったら、「あれは河童だ。意外と綺麗な女らしいぜ」とか言って先輩は笑ってて、なんだかゾッとした。

多分、先輩に憑いてるんはあんまりいいもんじゃない。
先輩とはだいぶ打ち解けたのもあるけど、先輩は体に欠損がある。「河童に取られた」と言ってた。

深入りしたらまずい気がしたけど、なんか喋りたくてたまらないからここに書く。
悪い人じゃないんだけどなぁ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!