経営者にとっては恥

取引先で起こった話。

そこの社長夫妻は、やたらと観葉植物の鉢を持ち込んだり、思いついた時やヒマな時に株分けして、鉢を増やしたりするのが好きだったのだが、継続的に必要な水遣りなんかは自分たちでは全くせずに、事務のおばさん(当時38歳、地味で未婚)に丸投げしていた。

事務のおばさんは本当は植物なんて全く興味はないし、ただでさえ狭い事務所を占拠する『その辺に置いておけば勝手に育って殖えていく植物』を苦々しく思っていたくらいだった。
実際、他の従業員や来客も、たまに植物の枝や鉢に足や荷物を引っ掛けて迷惑していた。

その会社を訪問したある日。
事務のおばさんが「結婚するので、2ヵ月後には退職します。これまでありがとうございました」と挨拶してきた。
その1ヵ月後に再度その会社を訪れたときには、既におばさんはおらず、25歳くらいの若くて可愛い女の子事務員に変わっていた。

「あれ?○○さんはもう退職されたの?有給消化中?」と聞いたが、女の子は言葉を濁した。

その後、その会社で仲の良かった営業さんに詳細に聞いたところによると、おばさんは秘密裡に邪魔な植物を粛清しようと決心し、特定の鉢を狙って、水をくれるフリをして実際は熱湯を掛けていたそうだ。
10日ほどで植物は謎の根ぐされを起こし、枯れた。
おばさんはこの方法で10鉢ほど粛清していた・・・。

おばさんはその日も熱湯を植物の根っこに掛けようとしていた。
ところが突然、その鉢の隣に置いてあった、高さ2m超の社内で一番大きくて古株のゴムの木が、おばさんに向かって倒れてきて、おばさんは弾みで熱湯を頭から被ってしまった。

あり得ない場所で熱湯によるやけどをしたため、おばさんの所業も社長夫妻にバレてしまった。
おばさんのヤケドは、顔はそれほど酷いことにならなかったが、頭皮は結構深刻で、彼女の頭は今、まさしく枯れたハゲ山になっているらしい。

一方で植物を『産みっぱなし』の社長夫妻は、「あのゴムの木は、ウチが創業したときに記念でプレゼントされて、それから25年、今回のことも含めてずっと事務所を守ってくれているんだ!」と周囲にその話を吹聴しまくっているらしい。

従業員がそんな行為をしていたなんて、経営者にとっては恥なのにね。
そして、相変わらず植物の水遣りは、新しい事務の女の子に丸投げしている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!