親父が出張先で倒れて入院したときの体験談

親父が出張先で倒れて、現地の病院に入院した。
お袋と2人で慌てて駆け付けたら、親父は案外元気で、「過労でしょう」という事だった。
ひと安心して、部屋にお袋を残して、俺はオヤジの昼飯の食器を下げに部屋を出た。

清潔だが古い病院で、どことなく暗い感じがする長い廊下の突き当たりに配膳室。
小さな出窓に食器を置いて「すいませーん」と声をかけたら、スッと細い女性の手が出て来て、食器を下げた。

びっくりした。

磨りガラス越しに見える室内は電気も付いていないようだし、人の気配も無かったので、誰も居ないのか?と思っていたのだ。

しかし、気を取り直して「ごちそうさまでした」と言ったが返答は無し。
相変わらずしーんとしている。
なんだよ陰気くせえな・・・と思いつつ、戻ろうとしたら、看護師さんが1人、廊下をパタパタと駆けて来て、配膳室のドアを開け「○○さーん!」と呼ばわった。

・・・応答無し。

看護師さん部屋に入って行って、「○○さん?あら?誰も居ないの?」などと言ってる・・・。
いや、たった今、、手が出て来て食器下げ・・・。

・・・まあいいや。

親父、早く善くなってここ出ような・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!