「抜海」という町での体験談

昔、自転車で旅してた時の話。
これは親しい人には結構話したので、ここ見てる人がいると特定されるなw

まあ、それはさておき。

稚内の南西に旅人には有名な「サロベツ原野」というまさに何もない原野があるんだけど、一番北に「抜海」という町がある。
で、その日はその少し手前でテントを張ることにしたのね。

どこであろうと勝手にテントを張るのはホントはいけないけど、その日数十km走った素晴らしいサロベツ原野の余韻に浸りたかったので、人の来ない場所がいいと思い、原野にこっそりテントを張った。
で、暗くなると何も見えないし、明るいうちにレトルトとかで適当に飯を済ませて、旅の記録をつけたらさっさと寝た。

かなり早くに寝たので、夜中に目が覚めた。寝る前には吹いていなかった強い風の音を聞きながらぼけーっとしていると、テントの外から何か風とは別の音がする。
何かひきずっているような音・・・。

うわ、熊か?!

そう思って恐る恐るテントのファスナーを少しあけて外を覗いてみた。

外は雲が速く流れているが、少し月が出ているので真っ暗ではなかった。
目をこらして見ると、30mくらい?先で小柄な女性くらいの大きさの何か4~5体が動いてる。
一列になってゆっくりゆっくりこちらに向かってきているようだった。
外見については暗いのでよくわからなかったが、極端に猫背の人に大きなボロ布を何枚も重ねたような感じ。
この布?の裾が草と擦れて音が出ているようだった。
強い風が吹いているのに、布?があまりばたついていないのが不思議だった。

見た瞬間「これはやばい!」と思ったが、目が離せない。
もう心臓バクバクで死にそうだった。
枕元にあったナイフを握って、必死に「ナンマンダブナンマンダブ」と心の中で唱えまくってたw

彼らは実のところどうもテントを目指しているわけではなく、テントの斜め後方に向けて移動しているみたいだったんだけど、途中で真ん中らへんにいた奴がちょっと止まった。
で、こっちを見たような気がした。
すると、行列がこっちに方向転換した。
この時点で距離は15mくらいになってた。

急いでのぞいてたファスナーを閉じた。
そしてテントの中で滝汗かきながら中腰になり、覚悟を決めて奴らが来るのを待ち受けた。

冷静に考えると外に出た方が安全なのは明白なんだけど、テントという外と中を分ける「区切り」を放棄することを無意識に否定したんだと思う。

音がどんどん近付いてきた。
緊張MAX。

すると、テントの入り口から5mくらい(多分)のところで音が止まった。
そして、テントの周りを回りはじめた。この時に連中が何か喋ってる(歌ってる?)ことに気がついたが、意味は分らなかった。
少なくとも日本語ではなかった。

囲む気か!と思い、テントを出なかったことを後悔すると同時にもう発狂寸前になったが、テントの周りを歩いているものの距離を詰めてこない。
何周したか分らないが(多分せいぜい数周だろうが、極端に長く感じた)、結局テントそのものには手を出さず、元々目指していた方向にゆっくり移動していった。

俺はそのまま朝まで緊張の糸を切らさず、ひたすらに腰を浮かせながらテントの中でじっとしていたが、それ以降は何も起きなかった。

外が完全に明るくなってから外に出て周囲を見回すと、テントの正面5mくらいのところに1mくらいの木の枝が地面に突き刺さっている。
その先端には結構分厚くて粗い、麻袋のような紙とも布とも言えないものが留めてあった。
何か絵記号のようなものが描かれていたが、意味はわからなかった。

単なる模様の可能性もあるが写真に撮っておきたい衝動にかられたものの、ビビってやめた。

気味が悪いので手早く荷物を纏めて出発したが、その後現在に至るまで不思議な現象には遭遇していない。

彼らに悪意があったのかどうかが分らないので怖い話かと言われると微妙だが、あん時はもうマジで死ぬかと思った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!