妻を側に置いてやって欲しい

友達の会社の上司に起こった話を投下。
1年くらい前の話な。
また聞きなんで推測で書いてる所は理解してくれ。

友達会社上司=旦那さん(40)
妻(38くらい)

旦那さんと妻は共通の友人がきっかけで結婚。
どうやら不妊で子供はいなかった。
でもとても仲良くて、旦那さんのデスクには二人の2ショットの写真が置いてあったらしい。

しかし妻に変化が訪れる。
残業が増え、飲み会が増え、急にお洒落になり、携帯を頻繁にいじりレスになる。
旦那さんも変だと思ったようで友人に相談したらしい。
でも浮気と確証があるわけでもなく、まだ妻を信じているから様子を見ようと思った矢先、妻は事故死(交通事故)してしまった。

浮気疑惑どころではなく、その後の対応、葬儀、初七日まで進み、しばらくして落ち着いた所で、旦那さんは、妻の会社用のバッグに知らない携帯があるのに気付く。
その携帯のメールには、1年前から続く不倫の事実が克明に記されていた。

相手は会社の上司、妻子有り。
残業や飲み会は嘘。
会社の旅行は二人での旅行。
画像フォルダにはラブホで撮った二人の写メ。
最近のメールには、『早く離婚して一緒になろう』というやりとり。(個人的にはただのラリ期だろうと思うが)

普通だったら怒ったり半狂乱になったりするよな。
不倫相手に慰謝料を請求したりするよな。
しかし旦那さんは優しすぎた・・・。
妻に申し訳ないと思ったそうだ。
死んでからも好きでもない自分と共に暮らしていくのは可哀想だと思ったらしい。
だから魂は好きな人の所へ。

旦那さんが採った行動は普通の感性では狂気じみたものだろう。
他は知らないが、ここいらの地方では49日で墓に納骨する。
旦那さんは49日を待たず、妻の実家の許可も採らず、ある日曜の昼、不倫相手の自宅を訪れた。骨壺を持って。

当然不倫相手もその妻も子供もいる。
仰天しただろうな。

旦那さんは淡々と説明したらしい。

旦那さん:「あなたの事が本当に好きだったようだ。あなたとのメール、写真は大切に保存していた(これをプリントアウトして持参したらしい)。」

旦那さん:「奥さんには申し訳ないが、妻を側に置いてやって欲しい。それだけでいい。妻の最後の望みを叶えてやって欲しい」

そう言って、骨壺と資料を置いて帰ってきたそうだ。
しかし受け入れられるわけなく、骨壺は後日、妻実家へ返還された。

旦那さんのその後は職場を辞め、妻の実家に全てを話してから絶縁し、今は自分の実家に戻ってるそうだ。
働いてないらしい。
多分もう壊れてしまったんだろうと思う。

不倫相手はというと、激怒した妻両親が会社へ通報。
不倫相手は自主退職という形で事実上の解雇。
もちろん妻子とは離婚のようだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!