歌手の浜田省吾の体験談

歌手の浜田省吾の話。(96年頃)
アメリカの老舗ホテルでの体験らしい。

古いホリデイ・インにチェックインして、それぞれの部屋にバラバラになって、僕はいちばん上のちょっと広めの部屋をとってもらったんで、僕だけ12階まで上がってエレベーター・ホームに出ると・・・・何か霊気みたいなものを感じるのよ(笑)。

背中から誰かが見てるって感じでパッとふり向くと、そこに親子の絵が飾ってある。
なんかシーンと寒いものを感じるわけ。

で、いちばん奥の角部屋なんだけど、部屋に入ってすぐ窓を全部開けたもんね。
全部電気つけて。
だって、その階は他に誰も泊まってなくて、俺だけなの。
やだなあと思いながら下でみんなで御飯食べて、部屋にまた上がるでしょ。
またそのエレベーター・ロビーでカタカタッっていってる気がするの、絵が(笑)。
やだやだって思いながらも疲れてるから一応寝たのね。
電気全部つけて寝たんだけどさ。

で、次の日起きて新川君(マネージャー)が「浜田さん大丈夫でした?」って。
現地のルイス君は寝られなかったって言ってたよね。
身長が186センチくらいある、ものすごいゴッツイやつなんだけど、その彼が・・・・・・部屋の中に赤い玉がビューと飛んでいて寝れなかったって。

新川君の部屋は、ベッドで起きて電話してたら、うしろでポワンと誰かが座ったような感じがするって言うし、スタイリストの原さんは「シャワーを使ってないのにバスルームの床が濡れてる」とか(笑)。

本当に、あれは行ってみないとわかんないよね。
最上階にひとりで泊まってるんだよ(笑)。

さすがに43才の僕も、不気味なものを感じました(笑)。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!