すごくドス黒い

3年前に仕事で関西に行った時の話。

残業で遅くなり、ホテルにチェックインしたのが午前2時半くらいで、何階か忘れたけどとりあえずエレベーターに乗り部屋に向かった。

大手の普通のビジネスホテルって、大体エレベーターを降りると右か左どちらかに通路があり、突き当たりの左右に部屋があるT字型の造りになってるでしょ?
その時のホテルはエレベーターを降りて右のすぐ突き当たりの壁に、左は何~何合室、右は~何合室ってプレートが貼って、あってそれを見て左だと思って曲がったんです。

夜だから少し薄暗い廊下だったけど、曲がってすぐに一番遠い奥の部屋と、そこから自分のちょうど真ん中辺りに人が2人、こちらを向いて立ってるのに気がついた。

こんな夜更けに何してんだろ?
そう思いながら部屋番号を探しながら歩いて行くと、2人に近づくにつれ空気が重く、寒くなってきた。
そして2人の様相もだんだん見えてきた。

2人は年配のお婆さんで、髪はきちんとセットされている。
服は2人とも青い着物みたいなんだけどもっと分厚い、冬に上に羽織るような着物で、下はモンペみたいなのを履いている。

そしてなんだか目のあたりが二人とも黒い。
すごくドス黒い。

ヤバいヤバいと思いながらも、早足で部屋を探しながら歩くとどんどん近づいて来る。

少し前から気付いてたんだけど、このお婆さん達には目がない。
2人とも眼球がないのか、両目がボッコリへこんでいる。
そして何ていうか人の気配が全くない。

2人の間を通過するときは全身鳥肌で、変な汗が出てチビりそうだった。

1番奥に着きそうになるが、まだ部屋はない。
最後の部屋番号も違う。

ないない!
部屋がない!
逆だ!間違えた!

恐る恐る後ろを振り返ると2人とも向きを変え、こちらを向いている。
怖くて失神しそうになったが必死に走って逆に戻った。

また2人の間を通過する時に何か聞こえたが、それどころではない。

逆の1番奥に部屋はあった。
急いで鍵をさして部屋に入る前に、後ろを確認したらすぐ後ろに2人が立っていた。
2人とも信じられないくらいに大きく口を開け、真っ黒い穴3っつの顔で「じゃあじやゃじゃあじゃやじゃあじゃああ」みたいな感じで、耳じゃなく脳に響く感じで叫ぶ。

そのまま扉を閉めすぐフロントに電話して来てもらった。
錯乱して従業員に不審者だのお化けだ警察だってわめいてたら、防犯カメラの確認をしてくれたらしいが、俺以外何も映ってなかったらしい。

あれから今でも少し耳がおかしい。
この話をした友達もそのあと見たらしい。

今思い出しても恐ろしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!